乾燥肌でもだいじょうぶ!保湿成分の入ったクレンジングで肌見違える

レディー

デリケートな肌の改善法

女性

乾燥していて外的刺激に弱い敏感肌は、使う化粧品にも気を配りましょう。低刺激で天然由来成分でできているものがおすすめです。また、毎日のスキンケアが肌トラブルの元になる場合がありますから、角質ケアや毛穴ケアなどは行わないのが無難です。

View Detail

つるつる肌を目指すなら

女性

ピーリング石鹸は肌の古い角質を落とす事で、ざらつきやゴワゴワ感を解消させてくれます。古い角質があるとスキンケア化粧品の浸透が悪くなるので、化粧水がなかなか浸透しないと感じる人は使ってみるのもオススメです。適度に行えばつるつるの肌が目指せます。

View Detail

約半数が洗顔時に使用

女の人

にきびの対処方法は清潔に肌を保つことです。その洗顔を行いますが、多くの場合にはにきび専用などの洗顔フォームを使用します。しかし一番効果のあるのは石鹸です。よく泡立てて顔の肌を傷つけないように洗顔することが大事です。

View Detail

植物由来のセラミド

婦人

大人女子だけではない利用

外部刺激に弱いのが水分不足の乾燥肌で、クレンジング化粧品にも潤いを必要としています。特に、摩擦抵抗が乾燥肌をさらにトラブル肌へと加速させる要因となるため、界面活性剤を含みながらも植物由来となるクレンジング化粧品開発に各化粧品メーカーも乗り出しています。メイクを施すのは大人女子のみならず、近年では様々なイベントが展開しているため、赤ちゃんやキッズもメイクを施す機会が設けられています。もちろん、環境などにより、小さな子供の肌も乾燥肌に陥りやすく、こうした観点からも安心できるメイクオフが必要となります。こんにゃく根や米ぬか由来となるセラミド配合など、植物由来でメイクオフができることにより、肌に必要な油分や潤いをキープできる考えで、リキッドやジェルで油分との馴染みを早くし、摩擦なくオフできる考えです。

目元オフのポイント

一般的にメイクした肌にはダブル洗顔が必要と言われ、クレンジング剤にも強力な洗浄力が求められています。クレンジングには油溶性のメイク汚れをオフする役割があり、洗顔ではホコリなどの水溶性の汚れをオフする役割が挙げられています。油溶性も水溶性もオフできる処方であれば、基本的にダブル洗顔を不要とすることができ、その分、乾燥肌への肌刺激を最小限に留めることが可能です。さらにオイルフリー処方となるクレンジング剤を利用することにより、美容目的で付けている女子も多い睫毛エクステにも使うことができ、エクステまでも長持ちさせることができるテクニックの1つです。植物由来となり、石油系界面活性剤を使っていない場合には、赤ちゃんの日焼け止め落としにも利用ができるため、幅広い年代で賢い使い方が可能です。